ゼロプランニング有限会社
会社案内
機械設計
求人情報
CADトレース技能審査
技能検定 機械製図
受験者の声
問い合わせ
お問い合わせ


   
 
 

CADトレース技能審査とは?
CADトレース技能審査は、主に、CADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。 試験実施に当たっては、各都道府県職業能力開発協会の協力を得て実施しています。
機械・建築2部門について、平成9年(1997年)に厚生労働大臣から認定を受け、スタートした試験です。これまでに概ね3万6千人の方々が受験しています。
CADトレース技能審査は、厚生労働省所管のキャリア形成促進助成金の支給対象として指定されています。
CADを用いた図面作成に必要な技能を3つのグレードに区分(上位から上級→中級→初級)し、実際にトレースを中心とした図面作成を行わせる「実技試験」と、図面作成に関連する知識を問う「学科試験」とで行い、個人のスキルを総合的かつ的確に評価できるものとなっています。
合格者には、それぞれ「○級CADトレース技士」の称号が付与されます。
転職や就職活動時にご自分の”能力証明”として、また、職場における”CAD操作のキーマンの証”として、自信を持ってご活用できます。
試験の概要
平成20年度[愛知県]での【CADトレース技能審査 機械部門】の概要です
※年度が進んでも基本的には変わっていかないものと思われますが、変更点が確認でき次第、更新していきます。
・受験資格
上級 CADトレースに関する実務経験1年以上
中級 CADトレースに関する実務経験6ヶ月以上
初級 特になし(CADトレースに関する業務に従事されている方又は予定が見込まれる方)
※教育訓練課程等の条件により受験資格は変わります。
詳しくは中央職業能力開発協会にて確認して下さい。

 

・受験内容
【上級】※前期のみ試験実施
実技試験 試験時間 120分
問題 CADを使用して、尺度「1:2」の正投影図で示された「組立図」及び「複数の部品図」をもとに、尺度「1:2」でトレースを行う。
また「組立図」及び「複数の部品図」相互から判断して、それぞれの未完成部における作図及び寸法記入を行う。
学科試験 試験時間 40分
問題数 30題(4肢択一法30題)
【中級】
実技試験 試験時間 90分
問題 CADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示された可動部のある「組立図」及び「完成した複数の部品図」をもとに、尺度「1:1」でトレースを行う。
また「組立図」については、可動部における指定状態の作図及び寸法記入を行う。
学科試験 試験時間 40分
問題数 30題(真偽法22題、4肢択一法8題)
【初級】
実技試験 試験時間 60分
問題 CADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示された「関連性のある2つの完成した部品図」をもとに、尺度「1:1」でトレースを行う。
学科試験 試験時間 40分
問題数 30題(真偽法30題)

 

・受験申請受付期間
【前期】平成20年  6月30日〜7月11日(必着)
【後期】平成20年 11月25日〜12月5日(必着)
※受付期間が2週間程しかありません注意しましょう。
※【上級】試験は前期しか行っていません注意しましょう。

 

・試験日
【前期】平成20年9月14日(日)
【後期】平成21年2月15日(日)
※実技試験と学科試験は同一日に実施します。


 

・試験会場
試験会場によってCADの設備が違います。(PCの持込はできません)
受験案内書に記載されている試験会場より受験者が第二希望まで選び受験申請します。
受験会場の定員により受験会場の変更をお願いされる事があります、
受験会場の調整がつかない場合は受験手数料は返還されます。
※実技試験と学科試験は同一会場になります。
 
 

 

 

※中央職業能力開発協会(JAVADA)ホームページより一部転載

 

●詳しくはこちらにて

 中央職業能力開発協会  (http://www.javada.or.jp

 愛知県職業能力開発協会 (http://www.avada.or.jp